• Eri Hosoe

海あそび2018

最終更新: 2019年6月24日


「祈り、そして未来を願って」




かつて海水浴客でにぎわった根浜海岸の風景は、東日本大震災により一変してしまいました。



しかし、地域の風景は一歩づつ再生が進み、一年また一年と、少しづつ人々が集うようになりました。



震災から7年半。



この夏、地域一丸となり、本イベントを開催することを決めました。


より多くの人々がこの根浜でつながり、来年以降となる海開きと砂浜の再生を、笑顔で迎えることができますように。



「Playing(海あそび)」は「Praying(祈り)」の意も込めました。犠牲になられた方々へ、心からの鎮魂と、よりよい未来を願って。


皆さまとここ根浜海岸でお会いできることを、心より楽しみにしています。









87回の閲覧

一般社団法人根浜MIND | 根浜MIND公式WEB

 ©2019 NEBAMA MIND all right reserved

一般社団法人根浜MIND
TOPへ