「海洋環境と安全に対する知識を深め、人を助けるスキルを得よう」

 

2019年夏、根浜MINDおよびAtlanticPacific(AP)は、全国の高校生を対象とした〈AP海のサマースクール〉を実施します。

東日本大震災の経験から得た教訓を踏まえ、自然災害時には「助ける人」になる子どもを育成するため、海洋環境や安全に対する知識を深め、さらには英国式ボートレスキューの水難救助に係るノウハウを体得することを目的とします。

 

なお本企画は、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

開催期間:

8月19日(月)〜24日(土)

開催場所:

岩手県釜石市・根浜海岸

(住所 岩手県釜石市鵜住居町第21地割)

参加費用:

無料

※現地までの交通費は各自ご負担ください。参加高校生には一律1万8千円の補助あり。

応募人数:

高校生56名

応募方法:

下記リンクまたはページ最下部の「応募する」ボタンより、Google Formにて提出してください。
https://forms.gle/AAJPj3Y2RAsjTEQy5

プログラム内容:

数人のグループに分かれ、4日間それぞれ違うトピックについて様々なアクティビティを行います。

①MARINE ENVIRONMENT DAY

海の近くで1日を過ごし、海の安全と救助、漁師の暮らしについて学びます。

海の近くで心得るべきことを紹介し、海での危険を回避する方法、海に入るべきタイミング、誰かが助けを呼んでいるべきにすべきこと等を学びます。

② MARINE RESCUE DAY

このセッションでは航海術の基礎を英語を使って学びます。

航海進路の計画、ノット、ロープ、ラインの投げ方、天候の読み方等、といった航海の基礎を学びます。

③SUSTAINABLE LIVING DAY

災害発生時を想定し自然環境の中で自らのスキルで生き抜くことができるよう必須の生活環境を整える一日を過ごします。トイレ作りやロケットストーブ制作、また再生可能エネルギーWSを実施します。

④GLOBAL DISCUSSION DAY

本プログラムを通して、自然との向き合い方や生き方について思考を深めるため、互いの活動のプレゼンテーションやディスカッションを実施します。価値観やバックグラウンドの異なる同世代同士、外国人大学生と議論し、海との暮らしのアウトプットを考えます。

問い合わせ先:

AP 小野 chikara@atlanticpacific.org.uk

 

運営をサポートする大学生も募集中です。

​サポート期間は8月16日(金)〜26日(月)となります。参加費用・交通費は根浜MINDとAPが負担致します。応募は下記リンク(Google Form)より提出してください。

https://forms.gle/zw7wg3cZbiSxPGQK7

一般社団法人根浜MIND | 根浜MIND公式WEB

 ©2019 NEBAMA MIND all right reserved

一般社団法人根浜MIND
TOPへ